二口登山口

守門岳登山ルートの中で、最も人気が高いルートである。
理由は、交通アクセスが良く、解かりやすいからだと思われる。
駐車場も広く設けられており、40台は駐車可能と思われる。
登山口の近くに鳥居が設けられているが、これを潜っても登山口に合流するので、どちらでも良い。
オカバミ滝脇に登山道(昔、砂防ダムの取り付け道路であった)があり、少し歩くと、もう一度道標が有り、
いよいよ本格的な山道となる。
守門山岳会の方々によって、ロープが設置されている箇所もあるが、特別危険はない。
ばてないようにゆっくり登りたい。
40分ほどで平らなブナ林に到着し、まもなく護人清水となる。
この先水場は無いので、補給の必要があれば、補給しておく。
護人清水を出発すると、気持ちの良いブナ林を九十九折状に登山道が巻いている。
再び、平坦な場所になる。
ここが谷内平である。

谷地平

谷内平から延々と、尾根筋に登山道が続いており、ここでは標高差は殆んど稼げない。
眺めはいいので、天気が良ければ気持ちの良い歩きとなる。
やがて、右手にオカバミ滝の涼しげな音が聞こえ始め、小ピークのようなやや広い地点に到達。
道標もあり、ここで大休止といきたい。登山口から、おおむね2時間である。

オカバミ滝眺め

オカバミ滝を右手に聞きながら、尾根は太い尾根に変わり、樹林帯となる。
この辺が我慢のしどころである。
歩いても歩いても、景色は変わらずで登山道がどんどん増殖するような気がしてくる。
オカバミ滝から小1時間は我慢だ。
そのうちに視界が開け、登山道左手に眺める場所のような所がある。ここで、眺めてもいい。
いきなり、山頂から大岳に続く縦走路にぶつかる。後1時間弱、ちょっと小休止といきたい。
後はゆっくりと景色でも眺めながら、歩こう。縦走路分岐から20分ほどで青雲岳に到着。
この辺から木道が施されており、池糖もある。ここで食事をしている登山者も多い。

2002年6月中旬
青雲岳山頂付近より守門岳山頂を望む

ヌマガヤの草原を少し下り、いよいよ本峰へ向けての最後の登りだ.。
同じコースをピストンするのであれば、青雲岳に荷物を置いてから山頂を目指しても良い。
登山口〜護人清水(40分)〜オカバミ滝(1時間20分)〜大岳縦走路分岐(1時間)〜山頂(45分)

登山コースガイドへ戻る