2019年 11月24日 高鼻山

高鼻橋8:25 高鼻山山頂12:30 発13:30 山道探索後高鼻橋着15:20

小千谷М氏とともに、遅い出発ながら高鼻山を目指す。
10年ほど前に訪れたことがあったが、随分忘れていた。
10年前は単独で、三角点調査も行われた年でもあり、道も明瞭だったが、あれからかなり藪化も進み時間を要した。
山頂も10年の歳月が流れ、灌木が茂り眺めも遮られていた。
 山頂でまったり宴会し、途中から藪を直接沢筋へ向けて下ろうという事になり、М氏のあとに続く。
林道の延長のやや道の破線と思しき所に出、そのまま沢沿いに行ってみようという事になり、М氏のあとに続く。
この山道は果たして何のために作られたものなのか?ぜんまい道なのか?色んな憶測があったが、途中で道は不明となり道を折り返した。 

10年前の記録↓
2009年11月22日高鼻山818m
2010年4月4日旧守門村魚止山・まないた山・高鼻山

 
登りの気持ちの良いブナ林 
 
山頂からの毛猛山塊 
 
 
 
下りの藪 
 トップへ
 2019年山歩きへ
 山塊別山行き記録へ